一般葬とは?葬儀の流れとメリット・デメリット

一般葬とはどんな葬儀?一般葬の流れ、メリット・デメリットをわかりやすくご紹介します。

一般葬とは?

一般葬とは、幅広い範囲の一般の方をお呼びして行う葬儀のスタイルです。
しきたりに則り通夜と告別式を行い、参列者をおもてなしする、昔から行われてきた葬儀です。
以前は葬儀といえば一般葬の形で行うことが通常でしたが、現在は一般葬に加え家族葬を選ぶ方もかなり増えています。
一般葬は家族葬と並び、とてもスタンダードな葬儀スタイルと言えます。

一般葬に呼ぶ人の範囲

一般葬では、家族だけでなく、友人、会社関係、ご近所まで、幅広い方々をお呼びし、おもてなしをします。

 

一般葬の流れ

1 葬儀社に生前相談する


一般葬はしきたりを重視するため、葬儀の流れはほとんど決まっています。
ただし、事前に人数の予想をして斎場の規模を決めたりなど、やはり事前の準備は必要です。

また、一般葬はどの葬儀社も対応しているため、葬儀社選びの選択肢が多いです。どの葬儀社を選ぶかによって、葬儀の質が大きく左右されるので、生前から葬儀社選びを始めておくことが大切です。

 

2 危篤・臨終


臨終を迎えたら、親族へ逝去の連絡をします。
葬儀社へも連絡し、安置先への搬送を依頼します。

 

3 搬送・安置


駆けつけた葬儀社が、自宅または安置施設へ搬送し、安置します。

 

4 葬儀社との打合せ


一般葬の内容について、葬儀社と打合せを行います。
葬儀の内容、スケジュール、斎場をどこにするか等を決めます。打合せを元に作成された見積もりも確認します。
葬儀の日程や斎場が決まったら、親族、友人、ご近所へ連絡して伝えます。仕事関係、趣味仲間などの場合はグループの代表者へ連絡するのが良いでしょう。

 

5 お通夜


斎場または自宅などで通夜を行います。
お呼びする方々に連絡が行き届き、おもてなしをするためにも、連絡後2日ほどは時間をあけて葬儀を行うのが一般的です。

 

6 告別式


しきたりに則り、葬儀を執り行います。
流れやマナーなどについては、葬儀社の担当者が進行・サポートしてくれるので、それに従いながら式に臨みます。
喪主から参列者へ挨拶をします。

 

7 火葬


火葬場へ出棺します。親族も移動しますが、人数が多い場合はマイクロバスなどを貸し切って移動します。

最後のお別れをし、火葬中は休憩室で待ちます。
収骨したら、自宅へ戻ります。

 

8 葬儀後の手続き


年金、保険、葬祭補助金の申請など各種手続きを行います。
香典返しを準備します。
葬儀で受付を手伝ってくれた方や、供花、弔電をいただいた方へお礼をします。

その他にも、法要の準備や相続、遺品整理などの専門的なことも考えなくてはなりません。
葬儀後もわかりにくいことが多いので、アフターサポートも万全に整っている葬儀社を選ぶと安心です。

 

 

一般葬のメリットとデメリット

一般葬のメリット

  • 生前にお付き合いのあった方々へお礼ができる
    一般葬では、故人と縁のあった方が多く参列されるので、家族としては故人に代わり感謝の気持ちを伝えることができます。
    また、参列した方にとっても、最後のお別れができる大切な場となります。
    家族葬の場合、参列できなかった方が葬儀後に「なぜ呼んでくれなかったのか」と悔やまれることがありますが、一般葬ではそれを避けることができます。
  • 葬儀後の弔問客の対応が少ない
    一般葬では、当日に多くの方が参列されるため、参列できなかった方が後日自宅へ弔問に訪れることは少なくなります。そのため、葬儀後に弔問客対応をすることがなく、負担が少なくなります。
    家族葬の場合、葬儀に参列できなかった方が自宅へ弔問に訪れ、その都度おもてなしをする必要があります。
  • 香典で葬儀費用の負担額が減る
    基本的に、参列者が多くなるほど料理や返礼品などの費用が必要になります。
    一方で、一般葬は香典をいただく金額も多いので、実際に支払う葬儀費用の負担額を減らすことができます。

一般葬のデメリット

  • 葬儀当日に参列者の対応が必要
    幅広い範囲の方々をお呼びする一般葬。葬儀当日は大勢の参列者のおもてなしや、ご挨拶などの対応が必要になります。
  • 故人とのお別れの時間が少ない
    一般葬は大勢の参列者の対応をしたり、しきたりを重視して葬儀を進行するので、故人と家族がゆっくりとお別れできる時間があまり多くありません。
    家族葬など、自由度の高い葬儀の場合は、ゆっくりと一緒に過ごし、最後のおわかれの時間を長く確保することができます。

 

一般葬と家族葬の違いは?

一般葬と家族葬の違いは、お呼びする人の範囲にあります。

一般葬では、幅広い範囲の方をお呼びします。
家族葬では、会社関係、交友関係、ご近所の方など、幅広い範囲の方はお呼びしません。ごく近い関係の家族を中心に参列して執り行います。

 

関連記事

  1. 社葬とは?葬儀の流れとポイント

  2. 火葬式・直葬とは?葬儀の流れとメリット・デメリット

  3. 1日葬とは?葬儀の流れとメリット・デメリット

  4. 家族葬とは?葬儀の流れとメリット・デメリット

  5. 自宅葬とは?葬儀の流れとメリット・デメリット

PAGE TOP